体にいいフコイダン

よく自分が幼いころ、「ヌルヌルしている食べ物は体にいいので食べなさい」とよく親に言われていました。
そのためヌルヌルしている食べ物は今でも好んで食べています。
昆布やワカメ、 モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれる食物繊維はフコイダンと呼ばれるものでいわゆるヌルヌルしている食べ物のヌルヌル成分です。
このフコイダン、健康食品やサプリメントとして用いられるなど、健康志向の高い人たちの中で注目を浴びています。
フコイダンが注目され始めたのは、1996年の日本癌学会で制癌作用が報告されてからです。
その後、昆布から抽出されたフコイダンには悪性リンパ種、つまり癌細胞に働きかけ癌細胞を破壊し、体をより良い状態に保つための細胞作りをサポートする力があることが発見されました。
さらにもずくから摂出されたフコイダンには、癌細胞を死滅もしくは縮小させる作用があるとの研究報告がなされました。
フコイダンの作用が知られる前にも、癌細胞の抑制に対する実験は幾度となく行われてきました。
しかしフコイダンの癌細胞に対する作用は従来のものとは全く違います。
フコイダン以前に研究されていた癌細胞の抑制方法は全て、免疫力の向上に焦点を絞り、間接的に癌細胞の増殖を抑えるというものでした。
しかしフコイダンの特性は直接ガン細胞だけを狙い作用するというものです。
フコイダンの持つ力が明らかになって以来、全く違う方法での癌細胞抑制に注目は集まり、実際に臨床的に多くの結果を残しています。
その他にも抗酸化作用、抗菌作用、皮膚創傷修復作用、胃粘膜保護作用、胃潰瘍治癒促進作用、血中コレステロール低下作用が研究によって報告されているため、多くの人から注目を浴びています。
また昆布、ワカメ、もずく、ナマコなどの天然素材から抽出された成分ですので副作用を心配する必要はまずないでしょう。
ただし、サプリメントなどでフコイダンを摂取する場合は使用量や用法を守って摂取するようにする必要があります。
薬局やインターネットで販売されているものはカプセルのもの、もしくは粉末のものがほとんどです。
しかしまだこのフコイダンが高熱に耐えられるかどうかは、はっきりしていないらしいので粉末のものを熱いお茶などに入れて飲むのはやめた方がよさそうです。
個人的に天然素材から作り出されたサプリメントは安心して摂取できるような気がしています。
フコイダンもその一つで副作用も心配なさそうなので試してみる価値は十分にありそうです。